toggle
2018-12-09

自然療法

自然療法

私はウソをつくかもしれないけれど、
経験はウソをつかない
東城百合子先生の自然療法に出会って10年
ことあるごとに家族を巻き込み、人体実験を繰り返し10年

健康という感覚は、バランスが保たれているときは気付かず、
ことに、バランスが崩れたときに「健康の有難み」を知りませんか?

自然のバランスが崩れたら
自然にお願いする

大地から力強く身体を持ち上げている雑草
美しく天に伸びる木の実り
大地にぐんぐん根を張る根菜
素晴らしいパワーを秘めた薬です。

10年続けていると、子供たちも自分で体調管理をするようになる
「なんかおかしいな」
を感じたら、どうしたら自然の循環に戻っていくかを考えます。
蓮根、ゴボウ、葛、生姜、梅、小豆、ドクダミ…
内臓を温めるお手当や経絡を刺激して滞った気を流す
身体の症状によって見立てて処方します。
新しい症状には、東城百合子著「自然療法」を引きます。
東城先生、「病は、あなたの根性が悪いから」とズバっと(笑)

病になったり、怪我をしたら
自分の自然な循環を信頼して
丁寧に過ごすよい機会にしてほしい

身体に心を傾ける時間に
ヨガを毎日ちょこっとと。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください